2010年6月アーカイブ

福岡高裁で、平成22年6月14日、生活保護の老齢加算を廃止したことを違法とする判断が示されました。生活保護は、生存権保障の最後のとりでの一つですから、本判決を受け、原告の方々はもとより日本全体の生活保護行政・法制の改善が期待されます。

毎日新聞ネットニュース↓。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100615ddm002040073000c.html

 

 平成22年6月5日(土)午後2時から、北海道・東北・新潟・栃木から90名を超える参加を得て、半年に一度のネットワーク第36回例会『時給100万円超も!非常勤行政委員のヒジョウシキな高額報酬を斬る!市民フォーラム6・5@仙台』が開催されました。

基調報告では、ネットワークで収集・分析した延べ392名の委員に係る「日給額・時給額ランキング」を発表しました。時給177万円と驚くべき実態はじめ10万円を越えるもの314名を超えるなど、異常な実態が明らかとなりました。さらに、個々の勤務内容や現在の社会状況に鑑みて漫然と高額報酬を維持することは違法であるとして報酬差止めを認めた大阪高裁判決(平成22年4月27日)を獲得された吉原稔弁護士から、高裁判決獲得への道筋、ご自身の議員時代に本件問題に切り込めなかった経験談、今後の取り組みの方向性など貴重な講演がなされ、その後、会場から熱心な質問が寄せられ、翌日のマスコミにも大きく報道されました。

また、特別報告として、敗訴の場合の敗訴者負担問題と司法修習生の給費制問題が報告され、翌日の会議でも、緊急の対応の必要性が確認されました。

市民によるチェックこそがあるべき行政の実現につながることを改めて実感するフォーラムでした。

 

このアーカイブについて

このページには、2010年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年5月です。

次のアーカイブは2010年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ


千葉晃平法律事務所