2013年3月アーカイブ

【お知らせ】宮腰英洋弁護士の入所(挨拶紹介文など)

本年1月から当事務所に宮腰英洋弁護士が入所し、業務を開始しています。

宮腰弁護士のプロフィールは当事務所HPの「弁護士紹介」欄記載のとおりです。

「弁護士紹介」 http://www.kc-law.jp/self‐introduction.html

また、当事務所からの挨拶文での紹介を掲載させていただきます(下記)。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この度、宮腰英洋弁護士(新65期)をむかえることになりました。
宮腰弁護士は、地元宮城県出身の、英語も堪能な有能な人物であり、
「専門的立場から人々の役に立つことができる」弁護士をめざすとのことです。


もとより、専門的立場から人々・社会の役に立つことのできる弁護士となるには、絶え間なき研鑽・努力が必要となります。これまでに歩んできた世界とは大きく違う現実・困難にも直面することでしょう。
しかしながら、若手法曹(希望者)をめぐる状況が大変厳しいと言われるなか弁護士を選び、当事務所を弁護士の第一歩にするという決断をした宮腰弁護士であれば、そうした苦難にも真摯に向き合いすすんでくれるものと大いに期待しています。

私は、11年前、吉岡和弘先生のご指導のもと弁護士としての第一歩を踏み出す機会をいただきました。吉岡先生のご指導・ご厚誼をおもうとき、はたして宮腰弁護士の目標実現のために十分な指導等を行えるのか大きな不安もありますが、私自身新たな立場でさらに研鑽を重ねることが求められているものと思いますので、宮腰弁護士ともども、皆様のご指導・ご鞭撻いただきたく、何卒、宜しくお願い申し上げます。

雑然とした事務所ではありますが、事務局の『暖かさ』は自負しておりますので、お近くにお越しの際は遠慮なくお立ち寄りください。


 

診療所において、美容目的で脂肪溶解剤を皮膚・皮下脂肪層に注射する治療(メソセラピー)を受けた者らが、施術後に非結核性抗酸菌感染症を発症・後遺障害が残った事案につき、東京地裁は、その感染症・後遺症は、診療所側は、十分な滅菌処置をしなかったこと等によるとして、診療所側に、診療契約上の債務不履行責任等に基き、治療費、休業損害、慰謝料などの賠償を命じました(判例時報2173号45頁)。

美容目的のこうした施術はトラブルも多く、被害救済の参考例としてアップします。

美容・医療サービスのトラブルにつき、国民生活センターHPにも情報がまとめられています↓。

http://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/biyo.html

本件は耐震偽装マンションに関する事案で、構造計算業務に関与したものらへの責任も認められています(金9億5600万円ほど)。論点は多岐にわたりますが、建築確認を行った静岡市の責任が認められている点に大きな特色があります(金6億7000万円ほど)。

建築主事・静岡市の義務違反認定の基礎は次のような点にあるようです。

すなわち、本件は、建築主事が、構造計算書の2次設計結論部分が抜けていることに気づき、これの追完を指示したところ、後日申請者が最終ページのみを持参したが、建築主事は、その際に、「連続性について単に利用者番号、ソフトのバージョン番号、頁数を確認したのみで、九六頁、九七頁に記載されていた本件建物の各階におけるX方向の壁せん断力の数値と追完された最終頁(九八頁)に記載されている同数値が一致していることを確認しなかったものである。」とされています。その他、建築基準法の趣旨、本件建築主事の能力等もあわせて、義務違反が認定されました。

具体的な義務違反認定の際の視点として参考になると思われます。なお、本件は分譲会社が購入者(消費者)からの買い戻しに応じたうえ、分譲会社が原告となって提起した訴訟のようであり、耐震偽装発覚後の分譲会社のあるべき姿(とるべき対応)としても参考になると思われます。

判決文は、判例時報2173号62頁(上記部分は105頁以下)に掲載されています。

 

 

不動産に関する権利は登記しなければ他のものに権利主張できないのが原則ですが(民法177条)、通行地役権は、「継続的に通路として使用されていることがその位置、形状、構造等の物理的状況から客観的に明らかであり、かつ、譲受人がそのことを認識していたか又は認識することが可能であったとき」は登記なくても権利主張できるとされてきました(最高裁H10・2・13 判例時報1633号74頁、判例タイムス969号119頁)。最高裁H25・2・26は、H10判決を前提に、不動産担保競売の場合の「認識」の判断基準時は、抵当権実行時(競売時など)ではなく、最優先の抵当権設定時であると判示しました。

通行地役権は現実にも問題となることも多く、留意が必要と思われます。

最高裁HP↓ 

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=83014&hanreiKbn=02